• TOP
  • 検索
  • 特定訓練コース(人材開発支援助成金)

スタッフ
おすすめ度

B

特定訓練コース(人材開発支援助成金)

  • 厚生労働省
  • 全国

2022年04月01日~2023年03月31日

想定金額: 1,000 万円(最大時)

人材採用 人材育成 福利厚生


概要

全国の事業主さま対象!特定の訓練を受けた際の訓練費やその期間の賃金に、最大1000万円受給可能!

概要: 労働生産性の向上に資する訓練、若年者に対する訓練など、効果が高い10時間以上の特定の
訓練や、 OJTとOFF-JTを効果的に組み合わせた訓練として認定を受けた場合に助成するコー
スです。

支援内容

対象費用: 訓練経費,訓練期間中の賃金

助成率: 45%(生産性要件を満たす場合60%) 支給金額: 1,000 万円(最大時)

詳細

■対象訓練
・労働生産性向上訓練
・若年人材育成訓練
・熟練技能育成・承継訓練
・認定実習併用職業訓練

■対象経費
事業主がOFF-JTを実施した場合に支給対象となる経費
◎事業内訓練
・部外の講師への謝金・手当
 所得税控除前の金額(旅費・車代・食費等は含めない。)
・部外の講師の旅費
 勤務先又は自宅から訓練会場までに要した旅費(車代・食費等は含めない。)
・施設・設備の借上費
 教室、実習室、ホテルの研修室等の会場使用料、マイク、OHP、ビデオ、
スクリーン等訓練で使用する備品の借料で、助成対象コースのみに使用した
ことが確認できるもの
・学科や実技の訓練等を行う場合に必要な教科書・教材の購入費
・訓練コースの開発費
 学校教育法の大学、高等専門学校、専修学校又は各種学校に職業訓練の
訓練コース等を委託して開発した場合に要した費用及び当該訓練コース等の
受講に要した費用

◎事業外訓練
・受講に際して必要となる入学料・受講料・教科書代等、あらかじめ受講案内等で定め
ているもの

■助成額・助成率
・経費助成 45%(生産性要件を満たす場合60%)
・賃金助成 1人1時間当たり760円(生産性要件を満たす場合960円)
・OJT実施助成 1人1コース当たり(雇用型訓練のみ)20万円(生産性要件を満たす場合25万円)

情報公開元 ※制度の詳細は随時変更になることがございます。こちらのURLから最新情報等、ご確認ください。